近視は目のレンズの役割の水晶体の厚さを調整する筋肉に負担がかかって水晶体の厚さの調節が困難になり、遠くのものが網膜で像を結べなくなり近くのものにしか焦点を合わせられなくなって起こります。目の簡単なストレッチを行うことで視力回復をすることができます。この方法は自宅で出来る視力回復方で簡単に行うことができます。まず、親指の爪の中央にペンで直径5mmほどのCのマークを書きます。シールなどにマークを書いて爪に貼っても構いません。親指を立て、顔の中央で目の高さに保ち、両目でCの切れ目をじっと見ながらCnマークがぼやけて見えるところまで近づけていきます。だいたい顔の10cmほど前くらいになります。次にCの切れ目を見つめたままで腕を伸ばしてできるだけ遠くに離します。これを1セットにして1日3セット行うようにしましょう。この方法は自宅で出来るので自分が好きなときに行え、継続して行うことで視力回復効果が得られます。
肌荒れ ドリンク